盛岡

日本発のフードデリバリーmenu(メニュー)が盛岡でサービス開始!

こんにちは!ぽきです。

フードデリバリーのmenu(メニュー)が盛岡で2021年3月31日からサービスを開始しました

【2022/4追記】2022/3をもって、岩手県でのサービスは停止されています。再開時期は未定となっています。

岩手・盛岡において、フードデリバリーサービスはWoltに次いで2社目となります!

そこで今回は、フードデリバリーサービス『menu』(メニュー)のサービス概要や、登録店舗、その働き方や登録方法について解説します。(2021/04/10現在)

続きを読む

【酒場放浪記002】808盛岡桜山(ハチマルハチ)(盛岡・桜山)【鴨とセリ鍋】

【酒場放浪記No.002】岩手県盛岡市・桜山界隈「808盛岡桜山(ハチマルハチ)」

盛岡の酒場、ディープスポット「桜山」

盛岡の酒場シーンを語るうえで欠かせないエリア、それが今回来店したお店がある「桜山」というエリアです。

南部藩とつながりの深い桜山神社周辺には多くのお店が立ち並んでいます。

盛岡じゃじゃめんの元祖「白龍」 すぐそばに分店もあり、昼時には長蛇の列が出来る

桜山といえば…盛岡じゃじゃめんの元祖、発祥の店である「白龍」(パイロン)をはじめ、盛岡のフードシーンを飾ってきた名店ぞろいなのです。

いざ入店

酒場情緒あふれる「桜山」 中央に明るく映える店が「808」の入り口だ

秋も深まり、冬の訪れすら感じる10月。

夜の帳とともに桜山に誘い出されてしまいます。

この日は18時ころの入店です。

座席は1階と2階に分かれています。2階はかなり広く使える座敷になっていて、宴会などもできそうです。

やっぱりビールはサッポロ!

仕事終わりのビールはたまりません。

犯罪的うまさですね。

ホッケちゃん。デカい!

店員さんにオススメされた唐揚げ

チーズ唐揚げもあるけど、こちらの醤油ベース?のシンプルな唐揚げがオススメだそうで。確かに、とてもおいしい!

冬シーズンはセリ鍋に!盛岡でセリ鍋をお探しならオススメです

きました、本日の目的である鴨鍋!!!!

ふとメニューにめをやると…あ!

そうなんです。実は冬期間は鴨ネギ鍋から鴨セリ鍋になっちゃうんです!

もともと盛岡でセリ鍋を食べられるお店を探していて出会ったお店。808。

鴨はしゃぶしゃぶ程度でいただけます。とってもヘルシーなのがいいですね。

お麩を入れるのもまた良い!

もちろん、追い鴨、追いセリは必須です。

2人前から追加オーダーすることが出来ます。

さて、次はどこに呑みに行こうか?

…to be continued

『808盛岡桜山(ハチマルハチ)』の詳細・ネット予約こちら

『808盛岡桜山(ハチマルハチ)』
住 所:〒020-0034 岩手県盛岡市内丸4-14
TEL: 019-656-6708 /050-5589-2096
営業時間: 【月~土】17:30~24:00(L.O.23:30)
定休日: 日曜日/祝日
店内: 37席

808盛岡桜山
ジャンル:居酒屋
アクセス:JR山田線上盛岡駅 徒歩17分
住所:〒020-0023 岩手県盛岡市内丸4-14(地図
周辺のお店:ぐるなびぐるなび 盛岡×居酒屋
情報掲載日:2019年10月31日

岩手・盛岡に「ギグエコノミー」や「シェアリングエコノミー」が浸透する日は来るのか

こんにちは!ぽきです。

突然ですがギグエコノミーという言葉をご存じでしょうか。

政府が打ち出した「働き方改革」に代表されるように、昨今の働き方、仕事のありかたそのものが変わりつつある今日。

都心部や人口密集エリアで浸透しつつある「ギグエコノミー」は地方部、岩手や盛岡でもその役割を果たす日が来るのでしょうか?

今回はそんなお話です。

ギグエコノミーとは

ギグエコノミー( Gig Economy )とは、 インターネットを通じて単発の仕事を受注する働き方や、それによって成り立つ経済形態のことを言います。

代表されるサービスとしては、車の配車サービス「Uber(ウーバー)」、同社のフードデリバリーサービス「Uber eats(ウーバーイーツ)」などがあります。

シェアリングエコノミーとは

シェアリングエコノミーとは、ヒト・モノ・場所・乗り物・お金など、個人が所有する活用可能な資産を、インターネットを介して個人間で貸し借りや交換することで成り立つ経済の仕組みのこと を言います。

代表されるサービスとしては、民泊提供サービス「 Airbnb(エアービーアンドビー) 」などがあります。

Airbnbは岩手県内も多数登録あり

現状として、岩手県内や県庁所在地盛岡でもAirbnbによる民泊の登録は確認されています。

かねてより、盛岡市はホテルなど宿泊できるキャパシティ不足が指摘されているところですが、民泊を利用した混雑緩和などには期待できます。

また、地方には仕事がないなどと言われていますが、ギグエコノミーは新たな仕事を創造する可能性を秘めています。

ウーバーイーツは2020年4月、「仙台エリア」開始!東北初上陸!

現状、ウーバーイーツやウーバーなどの盛岡や岩手県内への参入は計画されていないようです。

しかし、新しく発表があり、2020年4月上旬より、仙台市でウーバーイーツのサービスが新たに提供されることが決まりました!

(仙台でのウーバーイーツの話題は記事にまとめています。下の関連記事からどうぞ。)

ウーバーについては日本の法律上、白タク(緑ナンバー以外での旅客営業は禁止されている)営業が法律で禁じられているため、タクシー登録業者以外での事業展開はかなり厳しい状況です。なお、東北では青森や仙台で導入しているタクシー業者があります。( 仙台中央タクシー )など

一方、フードデリバリーのウーバーイーツは人口密集エリアや首都圏を中心に、かなりサービスが浸透してきています。

東北エリア初となる、仙台エリアの導入が待ち遠しいですね!

移動距離に応じて利用料金が増えるため、地方部においてどの程度顧客側に利益があるのか、人口減少が見込まれる中、コンスタントな利用者数を確保できるかなどが大きな課題として立ち阻むこととなりそうです。

フードデリバリーサービス『wolt』が盛岡上陸決定!

ウーバーイーツの競合他社にあたるフードデリバリーサービスのwolt(ウォルト)が盛岡でサービスインとなることが分かりました!

こちらは別記事にてまとめておりますので、こちらをご覧ください。

まとめ

「AIが人の仕事を奪っていく」というような言葉を耳にしたことはあるかもしれません。

実際には、人件費が高単価な人間の仕事ほど、早い段階でAIや機械に仕事を奪われる傾向があります。

ギグエコノミーにより人間に与えられる仕事は、低単価なものが多いです。

AIを利用する側に回るのか、利用される側になるのか。

まさに人間としてどう働き、生きていくのかが問われる時代になってきましたね、。